マタニティヨガ|ファミリーヨガ神田東京(沖ヨガ)

マタニティヨガ

マタニティヨガ東京

元気で賢い「ヨガベビー」

かわいい赤ちゃん、そして元気で賢い赤ちゃんを望むのは、どこのご夫婦も同じでしょう。
ファミリーヨガでヨガを実践している会員の皆様には、賢い、元気な赤ちゃんが授かっています。 私たちは、「ヨガベビー」と呼んでいます。

ヨガベビーは、月齢のわりに、寝返りが早かったり、頭をもたげるのが早かったり、運動神経も良いらしいです。性格も落ち着いていて、知らない人の間に入っても一人遊び出来ます。自分の欲しいもの、食べたいものもはっきり言える場合もあるらしいです。

 

ヨガベビーの特徴・・・もちろん個人差がありますが

  1. 寝返り、はいはい、など運動能力が高いらしい。
  2. 知らない人の間でも、マイペースの「一人遊び」ができやすい。
  3. ママに自分の気持ちを伝えるらしい・・・・もちろん、よく耳を傾けるママの存在が重要です。
  4. 食べ物・・・これが食べたい、これがいらないが言えるらしい。
  5. 性格・・・落ち着いている。
 

ただし、けっこう妊娠中から、いいえ、妊娠前から、お母さん達は努力しています。努力無しではこうはいきません。
例えば下記のような努力です。

妊娠準備に手足の冷えを改善する努力・・・生姜湿布、コンニャク湿布、足湯、腰湯
生姜湿布、コンニャク湿布で腰やお腹を温め、骨盤内の血流を良くします。
足湯をすると足のむくみを予防したり、泌尿器系の腎臓を温めたり、風邪の予防にもなります。
腰湯をすると、生理痛を改善したり、妊娠しやすい身体を作ります。
食生活の見直し・・・1週間通しの食事調べをつけて、自分の食事の偏りを確認
日本人はお米と味噌汁が主食、動物性蛋白質が多い食生活の人は、生理痛があったり、子宮筋腫になる傾向があるようです。こういう人は妊娠しにくいです。
緑の野菜、根っこの野菜、漬物などの発酵食をバランス良く食べているか、自覚して、バランス良い食生活に見直します。
週に1~2回、定期的にヨガ教室に通う
いろいろなポーズをする事で骨盤調整が出来たり、腹筋力をつけたりします。目的は血液循環を良くして、冷え性のない温かい体づくりと、デトックス体内浄化をして、溜め込んだ老廃物を出すようにします。
判断食体験
妊娠準備中に1回、妊娠中に1回、断食をするのが理想です。目的は体質改善。赤ちゃんの住みやすい子宮と、血液作りです。
ストレスをためない
家族の協力も大事。結婚されると、「次、赤ちゃんは?」と質問されるのは、けっこうストレスです。家族には優しく見守ってくださいとお願いしておきましょう。
家族の協力に、感謝の気持ちも大事です
楽な身体、楽な気持ち
妊娠準備中も、妊娠中も、「楽な身体」「楽な気持ち」ですごすと、びっくりするほどの安産の方が多いと、報告をいただいています。
 

可愛くて、元気で、賢い「ヨガベビー」を望まれる方、アドバイズをさせていただきます。
インストラクターに、お声がけください。 合掌

 
東京ヨガ体験

▲このページの先頭へ

心のヨガ東京 吉祥寺ヨガ教室 池袋ヨガ
ヨガジジイ時事を語る ヨガ教材 ヨガ合宿 ヨガ出張指導 東京 神田 足湯 無料 操体法 東京ヨガ指導者(インストラクター)養成 東京ヨガ指導者(インストラクター)養成上級 東京 神田 お茶 無料

著作・DVD

ヨガのテキスト

ヨガのテキスト
石井三郎(著)

自分で治す ヨガの教え -生理痛・冷え性・腰痛

自分で治す ヨガの教え -生理痛・冷え性・腰痛
石井久恵(著)
石井三郎(監修)
パブラボ

身体に聞くヨガ

身体に聞くヨガ
石井三郎(著)
現代書林

ストレッチとほぐし動作

ストレッチとほぐし動作
石井三郎(著)
現代書林

ヨガの修正体操 DVD

ヨガの修正体操
DVD3枚セット

Yoga School and OKI-DO Yoga Instructror Training | Tokyo Kanda