【ポイント】

足先が床につかない場合、無理をしないで、台、椅子等で補助するか、足の重みで近づける
ようにします。

【解説】

ハラは「鋤(すき)」を表します。

【方法】

①あお向けに寝て、両腕を体側に伸ばし、手のひらを床に向け、両足を揃えて伸ばします。
②息を吸って足の甲を伸ばし、踵を突き出し、息を吐きながら10秒かけて45度まで上げ、
③足の甲を伸ばし息を吸い、踵を突き出し、息を吐きながら10秒かけて90度まで上げる。
④そこで一呼吸して、手で床を押しながら、尻を上げ、両足を顔と平行にして一呼吸して、
頭の先に指先をつける。
⑤膝裏とアキレス腱を伸ばしながら、踵を床に近づける。
⑥この完成ポーズで、ゆっくりしたリズム呼吸をしながら、踵を突き出したり、ゆるめたり
する。
⑦吐きながら、両脚を水平に、一呼吸して、ゆっくり90度まで、一呼吸して、45度まで、
一呼吸して、床に下ろす。
⑧魚のポーズをしてのどを伸ばし、次に頭を抱え、そしてリラックス。

【効果】

首の異常、便秘、胃、肝臓、内臓の位置異常をただし、
背と腹の贅肉を取り、甲状腺ホルモンの分泌を促す。

Recent Posts