柔らかいタイプ、硬いタイプ、両方います。

柔らかいタイプ、硬いタイプ、両方いますが、努力して、柔らかい身体作りをした人が、指導力のあるインストラクターになるようです。

ストレッチとほぐし動作」を書いた石井は、若いときはボクシングをし、運送業をして偏った身体の使い方をしたため、ヨガを始めたものの、硬い身体に相当苦労したため、ほぐし動作の大事さがわかったそうです。

身体が柔らかくなると、呼吸も深くなり、怪我や病気の予防につながります。
硬かったインストラクターに習うのが一番進歩が早いかもしれません。